理念づくりは、まず初めに社長さんから徹底してお話をお聞きします。
ヒアリングは複数回に分け、合計4~5時間かけます。
長いようですが、皆さん色々な想いや人生を振り返りながら話をしていただくのであっという間に終わります。


さまざまな角度から質問することで、ご本人が忘れていた初心を思い出すこともあります

先月、クライアントである銀座の美容室を訪問し、社長さんからヒアリングしました。
多くの有名人も担当し、オリンピック選手村の参加も決まっている凄腕の美容師さんでもあります。
すでに十分な技術を持っているのですが、さらに技術向上を目指していらっしゃいます。

私は「もう、十分なのでは」と思ったので、理由をお聞きしたことろ、

「お客さんが喜んでくれるから」

という答えが返ってきました。

しかし、質問を重ねていくと、ある出来事を思い出されたのです。

駆け出し美容師だったころ、技術がなかったのでシャンプーやマッサージ、楽しい会話で多くのお客さんにからアシスタント指名をもらっていたそうです。

ある時、技術を覚え、常連のお客様にお願いしてサービス提供しました。
そして、大失敗したのです。

お客様は、いままで見せたことが無いような嫌な顔をされたそうです。

その時、社長は気づいたそうです。

お客様と美容師の関係は、しっかりした技術サービスの提供があってこそ成り立つと。

それから、技術を高めることを常に意識し、業界トップクラスの技術と実績を誇る美容師になりました

現在は、銀座にサロンを構え、若手美容師の育成にも熱心に取り組まれています。
スタッフにも高い技術を持ってもらい、お客さんと素敵な関係を築き、幸せな美容師人生を送ってほしいという素晴らしい想いをお持ちです。

長年、同じ仕事をしていると、日々起こるいろいろなことが初心を忘れさせることが誰にでもあると思います。

企業理念を作ることで、原点を見つめ直し、新たなビジョンに向けてブレなく進むことができます。
それは、例えるなら方位磁石のようなものです。

少し迷いが出たり、従業員と進むべき方向が違っていると感じるなら、企業理念をつくることを通じて、ご自身を見つめ直すのも良いかもしれませんね。

投稿者プロフィール

原田泰之
原田泰之㈱ともつくり代表取締役
なかなか浸透しない企業理念(社長の想い)を分りやすく実践的に伝える「クレド」の専門家。
自身のサラリーマン・経営者双方の経験から、経営者の想いを従業員が理解し、働く人がやりがいを持ち、全社一丸で頑張ることが企業発展のカギであると確信する。
クレドムービー+クレドカードという独自の組合せで、中小企業の発展をサポートしている。