5月6日にさいたま大宮倫理法人会で約40分間お話しました。

タイトルは「企業理念と大和魂で中小企業と日本を元気に!」です。

バブル崩壊から失われた30年を経て訪れたコロナショックにより、多くの中小企業が大きなダメージを受けました。

倒産したり、多額の債務に苦しむ中小企業が増えれば増えるほど、生活苦に陥る人も多くなります。

中小企業は日本経済の屋台骨です。

中小企業の復活こそが、日本を元気にします。

そして、中小企業の復活のカギは我々の先人が残してくれた智慧やこころ、いわゆる「大和魂」にあります。

どうしても、西洋の最新の手法に目が行きがちですが、我々の足元には沢山の貴重な宝が埋まっています。

講話では、現在推し進められている政策や社会現象の裏にある意図やその危険性、そしてそれがいつから行われ、現代の我々に与える影響についてお伝えしました。

そして、その解決策として、

  • 中小企業活性化の礎は企業理念
  • 本来の豊かで思いやり溢れる日本社会を取り戻す方法は大和魂

にあることを多くの方にお話しできました。

終了後のシェア会では、沢山の共感の声を頂き、
自社の事業や自分が行っている社会活動が一定の指示を受けていることを実感できました。

今後も、より多くの方に、まだまだ知られていない事実をお伝えすることで、賛同者を増やし、日本を明るく楽しく元気のある国にしていきます。

投稿者プロフィール

原田泰之
原田泰之㈱ともつくり代表取締役
なかなか浸透しない企業理念(社長の想い)を分りやすく実践的に伝える「クレド」の専門家。
自身のサラリーマン・経営者双方の経験から、経営者の想いを従業員が理解し、働く人がやりがいを持ち、全社一丸で頑張ることが企業発展のカギであると確信する。
クレドムービー+クレドカードという独自の組合せで、中小企業の発展をサポートしている。